首こり、首の痛みがなくなり熟睡できるおすすめのまくら ピローミー

北欧デンマークの会社がつくっているこのまくらにしてから、首こり・首の痛みが全くなくなりました。幸せです。

朝起きるときに、仰向けでしっかり上を向いた姿勢になりました。

以前より熟睡できた感じがします。幸せです。

まくらとの相性は人それぞれだと思いますが、このまくらはぼくにとってとてもよかったので、ご紹介します。

実体験としておすすめします。

いままで使っていたまくら。よくある真ん中が少し凹んだタイプのものです。

「まくらがどんどん上にずれていく〜」という感じでした。

朝起きるとたいていこうなっていました。

首が痛いし、寝癖もついてるしとブルーな目覚めでした。

今のまくら、Danfill ピローミーは朝までしっかり最初の位置をキープしてくれてます。

頭をふんわり包み込んでくれて、結構しっかりホールドしてくれます。

横を向きづらい感じです。

このおかげで、しっかりした寝相で寝ることができているみたいです。

改めて、このまくらの紹介をします。

上の写真は2つに折った状態で、広げるとこうなります。

左側がフカフカ、右側が固めで段々になってます。

たとえばこんな感じで使えます。

使い方のパターンはアマゾンなどの商品紹介ページで写真が出ています。

ぼくの使い方は、かさ増しでバスタオルを間にはさんでの2つ折りです。

バスタオルを置いて…

折ります。

バスタオルって、本来のタオルとしてよりも、ちょっとした調整で大活躍してくれますよね。

ぼくは趣味で座禅もしていて、座布団の高さ調整でもバスタオルを使ってます。

5枚1,500円で普通に使えるようなものも売っているので、バスタオルを全く持っていない方は、とりあえず買っておくのもいいと思います。

↓アマゾンのベストセラーのようです。

このDanfill ピローミーはちょっと大きいので、ピッタリのまくらカバーはないです。

そんなときに便利なのは伸縮性のあるまくらカバーです。

ぼくが使っているのはニトリのものです。

肌触りもいいし、汚れや黄ばみが目立たないし、気分も落ち着かせてくれる色で、気に入ってます。カラーバリエーションは結構たくさんあります。

片側はよくあるタイプでこんな感じです。

よく見ると端っこがピョンとしてますが、ダブつきはほぼなくピッタリな感じです。

改めてまくらのサイズですが、この折りたたんだ状態で約45x65cmです。

写真の布団は普通のシングルサイズなので、横幅97cmです。

まくらが大きめだということがわかると思います。

ついでに掛け布団カバーもニトリのものを愛用してます。

結構長いこと使っていて、タグに書かれていた商品名が消えていますが、全然ヘタってません。

↓たぶんこれだと思います。

いや〜、しかし首こり・首の痛みから解放されたのは大きいです。

このまくらに感謝感謝です。

あくまでぼくの実体験としてですが、このまくらをおすすめします。

みなさんが快適な眠りにつけますよーに。

↓同じメーカーの2つ折りではないノーマルタイプのまくら

↓写真に写っている電気スタンド。軽くて明るくて仰向けのままスイッチが押せて使いやすいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする