旅行や出張におすすめ!フックで吊り下げられるトラベルポーチ

ぼくが旅行に使っている吊り下げ洗面化粧ポーチ(バスルームポーチ)のご紹介です。

とても使いやすいです。

このポーチのおかげで、旅行前の準備も、旅行中も、帰宅後の後片付けも、スムーズになりストレスが減りました。

生地が薄くやわらかく、自由に変形してくれるタイプのポーチです。

変形してくれるのは、カバンに詰め込むときにすごくありがたいです。

とても軽いということもありがたいです。

芯が入っていたり生地がとても固くて重いタイプのポーチを買わなくてよかったとぼくは心底思っています。

あと、長方形の形とサイズも最高です。

リュックサックに詰め込むときは長方形がいいです。

吊り下げタイプは、旅行中も便利ですし、帰宅直後もそのまま使えます。

ぼくは帰宅後数日間吊り下げたまま使っていたことがあります。

吊り下げた状態での移動も、フックが大きくてしっかりしているので、楽チンです。

このフックは金属製です。

もちろん自由に角度が変えられます。(ゆるゆるなタイプです。)

吊り下げた状態で見た時の一番上の小さいポケットがとても便利です。

すぐなくしてしまいそうな小さいものをポンポン入れておけます。

ファスナーがスムーズで開け閉めがノーストレス。取っ手をつけてくれているので、引っ張りやすいです。

このトラベルポーチを持ち歩くときに使う持ち手が、大きめでとても持ちやすい。

ここから、改めてポケットのご紹介と、どれくらいモノが入るのかという実例をご紹介します。

吊り下げた状態で、上段・中段・下段の3ヶ所にポケットがあります。

下段のみ、歯ブラシなどを差しておけるポケットが手前に用意されています。

下の写真に写っている荷物を全て入れようとチャレンジしました。

先に結果を言うと、電気シェーバーだけ入りませんでした。

他のものは全部入れることができ、まだ少し余裕がある状態でした。

(別の旅行では、他のものを減らして電気シェーバーをポーチに入れて出かけました。)

↓薬の持ち運びに便利です。

↓普段も使っているお気に入りの小さい爪切り

↓歯科衛生士さんに本気で勧められて、人生ではじめて毎日使う習慣が身についた歯間ブラシ

↓写真のモバイルバッテリーは、6年前に買った下記の旧モデルです。使用頻度が少ないこともあり、未だに普通に使えています。パナソニックの品質の良さを感じます。

↓3年以上前に買って今も毎日使っているスマホ充電アダプタ。2.5mあると電源が遠くても全く問題ないので便利です。家電量販店に行くか、ヨドバシ.comなどの家電量販店の通販サイトで買うほうが安いようです。(2018/04時点)

↓大人になってからずっと使っている、ブラウンのグレード高めの電気シェーバー。ぼくが使っているのは下記の旧モデルです。首の喉仏が出っぱっているところもしっかり剃ってくれるすごいシェーバーなので、この先も使い続けそうな気配です。パナソニックも一度は使ってみたいですが…

↓スマホ持ち込み不可の合宿での時間管理のために使いました。お値段からするとすばらしい商品ですが、ぼくにとってはバイブが強く長いのと、ポケットに入れるにはちょっと大きいということで、使わなくなりました。今はカシオのバイブ付きの時計を使っています。

↓自転車用LEDヘッドライトですが、夜中に同伴者を起こさずトイレに行くときに懐中電灯として使えます。

↓荷物を全て入れた状態で吊り下げています。頑丈です。

一番下にあるポケットは、全部で5つあります。持ち運びするときにここに入れて置くと、せっかくの柔軟性が失われて、モノが全然入らなくなります。(歯ブラシの長さによっては、そもそも折りたためないです。)

運ぶ時は全て後ろの大きなポケットに入れます。

ポーチの大きさと同じ大きさのポケットなので、たくさん入ります。

中段もポーチと同じ大きさのポケットなので、たくさん入ります。

上段のポケットは、前述のとおり小物入れとして大変便利です。

このポーチは、チャック付きのビニールケースに入って届きました(ぼくが購入したときは)。

シールはきれいに剥がせます。

液漏れ対策でありがたく使わせていただいています。

以上、ぼくが何度か旅行で使ってみてすばらしい!と実感したトラベルポーチのご紹介でした。

旅行や出張時の小物整理に最適です。

デザインもおしゃれでいいと思います。メンズでもレディースでもいけます。

カラーバリエーションは、ブラック・グリーン・ブルー・レッドの4種類。

BAGSMARTというブランド、アリだと思います。

Amazonのレビュー数が多いので、たぶん人気商品だと思います。

お値段も安いので気軽なプレゼントとしても使えます。

このポーチ、おすすめです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする