コンビニ3社のVネック白Tシャツを数ヶ月着た結果のおすすめはファミマ(無印良品)

最近のコンビニは高品質で値段も妥当だと思えるものがほとんどだと感じています。

そこで、ワイシャツのインナー(下着)として着るVネック白Tシャツを買うタイミングで、コンビニ3社のTシャツを買ってみました。

数ヶ月(約7ヶ月です)着た結果のおすすめは、僅差でファミリーマートのTシャツ(無印良品)ですが、どれも高品質です。

丈夫で着心地もいいです。

毎週着て洗濯しているので、約30回洗濯していることになります。

首周りもよれていません。まだまだ着れます。

コンビニは本当に信頼できますね。

詳しい紹介の前に、ざっと特徴を書きます。

セブンイレブン:Vゾーン小さめ、丈短め、身幅やや広め、袖短め

ローソン:Vゾーン大きめ、丈短め、身幅狭め、袖短め

無印良品:Vゾーン大きめ、丈短め、身幅やや狭め、袖短め

では、ここからコンビニ3社のVネック白Tシャツを詳しくご紹介していきます。

長年着ているHanesの青ラベル(青パック)と呼ばれている定番Tシャツも、比較対象としてあわせてご紹介します。

Amazon メンズインナーシャツの売れ筋ランキング

※この記事で紹介しているTシャツは、全てメンズのLサイズです。

まずセブンイレブンです。

綿100%です。

グンゼがつくっていて、ベトナム製です。

新品のときの全体像。

Vゾーンは小さめ、丈短め、身幅は広め(もしくは普通)で、上から下にまっすぐストンと落ちている形です。袖は短めです。

7ヶ月経過後の写真です。

首周りはよれていません。全体的にまだまだしっかりしています。

続いてローソンです。

綿100%です。

3社の中で一番やわらかい肌触りで、一番ストレッチが効く生地です。

こちらもグンゼがつくっています。中国製です。

新品のときの全体像。

Vゾーンは大きめ、丈短めです。

身幅は脇の下(胸の下あたり)が絞り込まれている形です。胸の下はかなり狭いですが、ストレッチが効くので問題ないです。ピタッとするのが嫌であれば、このシャツは避けたほうがよいと思います。

ぼくは胸の筋肉が少ない痩せ型なので、胸の前に空間ができてしまいます。

袖は短めです。

7ヶ月経過後の写真です。

首周りはよれていません。全体的にまだまだしっかりしています。

最後にファミリーマート(無印良品)です。

綿100%です。(ごく一部だけポリエステルが少し使われてます。)

中国製です。

無印良品らしい、首の部分にある印字です。

ぼくは無印良品がつくり出すこのようなシンプルで飾り気のないデザインというか雰囲気が好きです。

新品のときの全体像。

Vゾーンは大きめ、丈短めです。

身幅はやや狭めです。ぼくは痩せ型なのでピタッとフィットせず、若干余裕があります。Hanesの青ラベルと比べるとかなり細身です。

袖は短めです。

7ヶ月経過後の写真です。

首周りはよれていません。全体的にまだまだしっかりしています。

ここで、比較対象としてぼくが何度もリピート購入して長年愛用しているHanesの青ラベルをご紹介します。

まあまあ新品に近い状態のときの写真です。

Vゾーン普通、丈長め、身幅広め(普通)、袖長め(普通)です。

一応これ1枚で外出できるデザインです。

このTシャツは、昔からポリエステルが入っていることで首周りがよれないのが特徴です。

(首周りのよれを楽しむ綿100%の赤ラベルと呼ばれる別の定番Tシャツがあります。)

7ヶ月以上経過した写真です。

首周りはよれていません。全体的にまだまだしっかりしています。

このTシャツは1年以上着たあと、色移り(色のくすみ)か汚れが原因で取り替えています。生地がよれたりダメになったりしたことはないです。本当に丈夫です。

ここからは、4枚を並べての比較です。

まずVゾーンです。

上から

・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート(無印良品)
・Hanes青ラベル

横方向に広いのがローソンとファミマ(無印)、縦方向にも広いのがファミマ(無印)。

シャツの衿から見えないことを優先するのであれば、ファミマ(無印)がおすすめです。

続いて身幅です。

上から(乗っかっている順に)

・ローソン
・ファミリーマート(無印良品)
・セブンイレブン
・Hanes青ラベル

下2つのセブンイレブンとHanes青ラベルがほぼ同じ身幅なので、写真で差が見えていません。

細身ならローソンがおすすめです。

続いて着丈と袖丈です。

上から(乗っかっている順に)

・セブンイレブン
・ファミリーマート(無印良品)
・ローソン
・Hanes青ラベル

真ん中2つのファミマ(無印)とローソンはほぼ同じ着丈なので、写真で差が見えていません。

着丈が短いものを希望するのであれば、一番はセブンイレブンです。

着丈が長いものを希望するのであれば、コンビニの商品ではなくHanes青ラベルなど他をあたることをおすすめします。

続いて肩幅です。

このように重ねます。

この写真では肩幅の差がわからないので、拡大します。

拡大写真です。

上から(乗っかっている順に)

・コンビニ×3
・Hanes青ラベルです。

コンビニ3社はほぼ同じで、Hanes青ラベルだけ肩幅が広いです。

最後に袖丈です。

一番下がHanes青ラベルで、その上に乗っかっている3つがコンビニのTシャツです。

袖短めを希望であれば、コンビニ3社どれでもおすすめです。

以上、コンビニ3社のVネック白TシャツとHanes青ラベルTシャツの比較でした。

どれも丈夫で肌触りもよいので、おすすめするにあたってそんなに差はないのですが、あえて1つ選んでおすすめするなら、ファミリーマート(無印良品)です。

・Vゾーンが一番大きい(からシャツの衿から見えない)

・身幅がそこまで狭くない(から細身でなくても大丈夫)

というのが理由です。

生地(肌触り)は、ローソンが一番おすすめです。

胴回りに余裕がほしい方には、セブンイレブンがおすすめです。

3社とも、7ヶ月間毎週着て30回洗濯しても、とてもきれいです。

1000円以下でこのクオリティ。すばらしいのひと言しかありません。

コンビニはすごいと思います。

と言いつつも、ぼくは長年のつきあいでHanes青ラベルから離れられません。

ジャパンフィットという別の種類も出ていて気になっています。

↓ぼくが長年リピート購入して着続けているTシャツ

↓ジャパンフィット 青パック(青ラベル)

↓ジャパンフィットの綿100% Amazonのレビューがたくさんあります。

Amazon メンズインナーシャツの売れ筋ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする