長年悩まされていた慢性的で続く下痢に、イリボーという薬が効いた

慢性的な下痢が、病院で出されたイリボーという薬のおかげで治ったという実体験です。

約1年くらい前から飲みはじめて、今では週に3回だけ飲んで絶好調です。

ぼくは18歳くらいからしょっちゅう下痢をする体質になり、40歳を越えてもその体質が続いていました。

この体質のおかげで太らないというメリットはあります。

が、

ひどい下痢のときは、貧血になってしばらく横になって休まないと動けなくなったりします。

下痢のせいで会社に遅刻することもあります。

40歳を越えたことだし、そろそろ胃腸の検査をやってもらったほうがいいなと思い、病院へ行くことにしました。

大学病院出身で胃腸科専門の先生がやってる町医者に行き相談したところ、

「40歳過ぎてるから大腸の検査と胃の検査をやったほうがいい。それとは別にイリボーという薬を出してみるから効くかどうか試して。普通の半分の量にしておくから。副作用ほぼないから安心して。」

と言われて、イリボー2.5マイクログラムを毎朝飲んでみると…

最初の2週間くらいは「2〜3日大便が出ず、その後下痢」というパターン。

毎日下痢だったことを思えば下痢の回数が減ったので、これだけでもメリットがあったというとになります。

そのまま飲み続けていると、「2〜3日大便が出ず、その後カチカチの大便が出る」というパターンになりました。どっちかというと便秘気味という状態です。

その後4〜5日大便が出ないということがあり、先生に相談したところ、「飲む量を自分で好きに調整していいよ」と言われ、徐々に減らし、今では月水金の週3回だけ飲んでます。

絶好調です。めったに下痢をしなくなりました。もちろん便秘にもならず1〜2日に1回は出ます。

食べすぎたとき、揚げ物をたくさん食べたとき、家系や博多ラーメンを食べたとき、お酒を飲んだときは下痢をします。

最近は下痢にならないように上記を避ける食生活をしています。

別にどうしても食べたいわけじゃないので。

下痢にならないほうがだんぜん幸せなので。

アレルギーの薬と一緒に、100均で買った薬箱に入れていつでも持ち歩いてます。

ハサミで切って1個ずつにしないと入らないのがちょっと残念。

↓これのほうがよさそうだけどわざわざ買うのもなんだかな〜と思ってそのままにしてます。

(アマゾンにすごく有益で信頼できると思えるレビューがあります。)

ちなみにお医者さんのススメに従って大腸と胃の検査を人生ではじめてやりましたが、結果は異常なしでした。

先生のお話だと、「過敏性腸症候群というのは消去法でたどり着いた結果の診断だから、過敏性腸症候群なのか違うのかという追求はあんまり意味がないね」とのことでした。

最近調子がいいので薬をやめたほうがいいかを先生に相談したら、副作用ほぼないからあわててやめることないよ。体が下痢をしない状態に十分慣れてからやめればいいよ。」と言われ、飲み続けてます。

飲み始めてから約1年経ってます。

診察代と薬代をあわせても2,000円以下で、2ヶ月に1回通院するだけなので、金銭的な負担は少ないです。健康保険がきくのはありがたいです。

下痢で悩んでいる方は、一度病院へ行ってみるのもいいかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする